1.ウィンド・ウォッシャー液の量

ウィンド・ウオッシャ液の量が適当かを点検します。液の量が
少ないときは整備工場、カーショップ等で購入し補充しましょう。

※ウオッシャ液が空の状態でウオッシャ・スイッチを入れると、モーターが
破損することがあります。










2.ブレーキ液の量

ブレーキ・リザーバ・タンク内の液量が規定の範囲(MAXとMINの間)
にあるかを点検します。

※ブレーキ液の減り具合が著しいときは、ブレーキ系統の液漏れが考えられます。
整備工場で点検しましょう。










3.バッテリー液の量

バッテリの液量が規定の範囲(UPPERとLOWERの間)にあるかを点検します。
液量が少ないときは整備工場、カーショップ等で購入し補充しましょう。

※バッテリ液は腐食性が強いので体、衣服、車体等に付着しないよう注意しましょう。








4.冷却水の量

ラジエータ・リザーバ・タンク内の冷却水の量が規定の範囲(FULLと
LOWの間)にあるかを点検します。

※冷却水の量が著しく減少しているときは、ラジエータ、ラジエータ・ホースなどからの
水漏れの恐れがありますので整備工場で点検しましょう。








5.エンジン・オイルの量
エンジン・オイルの量がオイル・レベル・ゲージにより示された範囲内にあるかを点検します。
量が少ないときは、整備工場等で交換しこれからは定期的に交換しましょう。

※オイル・フィルタも定期的に交換する必要があります。
※オートマチック・オイルトランスミッションのオイル・レベル・ゲージと間違えないようにしましょう。


平らな場所でエンジンを始動する前にオイル・レベル・ゲージ
を抜き取ります。



オイル・レベル・ゲージに付着しているオイルを拭き取ります。



オイル・レベル・ゲージをいっぱいに差し込みます。      



もう一度抜いてオイルの量がオイル・レベル・ゲージの規定の範囲内
(HとLの間)にあるかを確認します。



オイル・レベル・ゲージを元の位置に差し込みます。