1.タイヤの空気圧

タイヤの接地部のたわみの状態により、空気圧が不足して
いないかを点検します。



※タイヤゲージがあれば、より正確に点検できます。 指定空気圧が
運転席ドアの端や、センターピラーに貼付されているラベルに表示されています。
 空気圧が低いと燃費に影響します。 時々、スペア・タイヤの空気圧もチェックしましょう。




2.タイヤの亀裂、損傷および異常な摩耗のチェック

著しい亀裂や損傷がないかをタイヤの全周にわたり点検します。
また、釘、石、その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしていないかを
点検します。 タイヤの接地面が異常に摩耗していないかを点検します。

亀裂、損傷や異常に摩耗したタイヤでの走行は危険ですので、早めに整備工場で交換して下さい。










3.タイヤの溝の深さ



溝の深さが十分あるかをスリップサインなどにより点検します。

スリップ・サインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると現れます。溝が浅くなるとタイヤがスリップしやすくなり、
特に雨天時には大変危険となりますので、スリップ・サインが現れたら、整備工場等で交換して下さい。




4.ランプ類の点灯・点滅及びレンズの汚れ、損傷


エンジンスイッチを入れ、ヘッド・ランプ、ブレーキ・ランプ、バック・ランプ等の点灯具合やウインカー・ランプ
の点滅具合が不良でないかを点検します。 ヘッド・ランプ等が切れていると交通事故の原因ともなりますので
整備工場等で交換して下さい。