自動車整備振興会は、民法第34条により設立された法人で、道路運送車両法95条に定められた
  @自動車の整備に関する設備の改善、技術の向上、
  A自動車整備事業の適正な運営を確保するための色々な事業を行う事
を目的とし全国の県庁所在地(北海道については7地区)それぞれに任意に設立された団体です。

自動車連合ビル(1F事務所、2〜3F講習所)&予備検査場当会は『一般社団法人帯広地方自動車整備振興会』と言い、北海道運輸局
帯広運輸支局管轄(十勝支庁)内の300余事業所によって組織された団体です。
役員は会員の中から選出(員外理事2名と監事1名除く)された会長以下
理事28名、監事2名
平成28年2月24日改選)で、員外理事以外の方々は、
ボランティアで会の事業をサポートしています。(役員名簿は下へ

 


(↑↑写真をクリックすると地図がみれます↑↑)

定款 に掲げられた事業内容は、
 @会としての意見を公表し、又は関係官庁に申し出ること。
 A必要な調査研究を行い、統計を作成し、資料を収集し、若しくはこれら を公刊し、または情報を提供し、
   若しくは斡旋すること
 B自動車整備業に関する講演会又は講習会を行うこと。
 C自動車の整備又は整備事業に関し、自動車使用者等の苦情を処理し、又はその相談に応じること。
 D自動車の整備に関する技術の向上及び自動車整備事業の運営の改善に関し、自動車分解整備事業者等の
   相談に応じ又はこれらのものを指導すること。
 E自動車の整備についての普及、啓蒙、広報に関すること。
 F会員の親交並びに相互の啓発向上に関すること。
 G自動車整備業の近代化に関すること。
 H自動車整備技能登録試験の実施。
 I事務所の賃貸等不動産の貸付事業に関すること。
 Jその他本会の目的を達成するための事業。
 
 
 となります。少し判りにくいと思いますので、自動車ユーザーの皆様に関係のある事業を具体的に記述します。
 
 ★自動車整備相談所:ユーザーと認証工場における整備に関するさまざまなご相談に乗っています。
 ★啓蒙活動:ユーザーの皆様と整備工場間での信頼関係の確立のために、
整備事業者憲章
などを定め、
   業界の啓蒙活動を行っています。又、皆様に親しみやすい整備工場を目指し、努力をしています。
 ★自動車てんけん教室:自動車ユーザーの方に日常点検やタイヤ交換、トラブル対処法等をお教えしています
 ★自動車てんけん整備フェア:点検整備に親しんで頂くためのPR事業です。
 ★自動車整備情報の提供:広報誌などにより点検整備情報を提供しています。
 ★外国製自動車用部品情報の提供:欲しい外国製自動車部品がありましたら、各認証整備工場にお問い
   合わせください。
 ★無料点検デー:日ごろの感謝を込めて、毎年9月の第一土曜日に実施しています。
 ★点検整備啓発:ラジオやテレビの広告を見たことはありませんか。
 ★交通安全活動:所有している広報車などを使って、交通安全PR活動を行っています。
 ★街頭検査:警察や陸運支局に協力し、街頭でマイカーの無料点検や、不正改造車の指導を行っています。
 ★自動車整備講習:自動車整備士の国家資格の実技試験を免除するための講習で、受講資格さえあれば
   現在整備工場にお勤めでない方も受講できます。
 ★自動車整備士試験の受付:自動車整備士の国家試験や登録試験の受付窓口となっています(上に同じ)
 ★資格講習:ガス溶接やアーク溶接などの取り扱い資格習得のための講習会を実施しています。
 ★盗難車、ひき逃げ犯の捜査協力:警察に協力し、当会のFAXネットワークにより各認証整備工場が犯罪車
   捜査の情報提供を行っています。

 まだまだ、たくさんの事業を行っていますが基本的な事業内容は以上です。

  少しは自動車整備振興会のことをご理解いただけたでしょうか。
現在振興会では、公益法人の業務運営の透明化、適正化のための情報開示を行っております。
事業報告書
財産目録貸借対照表収支計算書正味財産増減計算書事業計画書
 収支予算書定款役員名簿会員名簿検査料等支出明細書整備主任者研修費の積算根拠

ご質問、ご要望などありましたらメールにてお寄せください。