自動車整備業界と整備事業場は、高密度なクルマ社会の一員として、また、自動車
の安全の確保、公害防止、地球環境の保全等、公共性の非常に高い業界とその一
員であることを自覚しながら、ニューイメージを宣言するとともに「ニューイメージマーク
」を作成しました。 整備事業場のニューイメージは「まちとクルマのオアシス」、整備業
界のニューイメージは「クルマ環境創造業」と致しました。

− まちとクルマのオアシス −

各整備事業場がまちや暮らし、クルマをリフレッシュし、豊かな潤いを作り出すというイ
メージであり、事業場の展開としては、地球やまちにやさしい環境づくりへの取り組み
、まちに開かれたコミュニケーションの場づくり、長年培われたノウハウ・情報の提供、
信頼できる整備技術の提供、ニーズに応じたサービス・商品の集積、新しいクルマ生
活の提案等を行います。

− クルマ環境創造業 −

21世紀のクルマ社会を前提に、常日頃の怠りない点検・整備を通じてのクリーンな
地球環境の創造、ユーザ志向のさまざまな生活提案によるクルマ環境の創造、そして、
本業である正確で高度な点検・整備技術を駆使したクルマ安全環境の創造を意味し
ます。

− 21世紀クルマ社会に向けて −

これらのイメージは社会的貢献性・有用性をアピールするとともに、整備業界・整備事
業場においては、自らの考える次代の夢やビジョン、また、新しいクルマ社会やクル
マ生活のあり方を皆様に提供してゆくことで、広く21世紀クルマ社会の重要な一員と
なるとともに多くの皆様の共感と支持が得られるものと考えます。
今後、整備業界・整備事業場ではあらゆる機会を通じてこのイメージを広めて行く努力
をして参りますので皆様のご協力・ご支援をお願い致します。

 − ニューイメージマーク −

本マークは、自動車整備業界および事業場の新しいイメージ宣言に込められた「クル
マ環境創造への取り組み」と「快適なオアシス整備事業場の実現」とを、わかりやすく
ビジュアル化したものです。潤いあるオアシスを象徴するヤシの葉をクルマのフォルム
に見立てることで、「環境にやさしく、人にやさしい」整備業
界を表わし、また、クロスする二台のクルマのデザインは、「人
やクルマが盛んに交流する」活気あふれる事業場をイメージし
たものです。また、四枚の葉はそれぞれ、「より良い地球環境」、
「より豊かなカーライフ」、「より身近なコミュニケーション」、「より
良いサービスの提供」をめざす整備業界の方向性を示しています。