「車検」や「定期点検整備」ってご存知ですか?耳慣れた言葉なのにあらたまって
聞かれると とまどってしまうドライバーの皆さんも多いのではないでしょうか。
  皆さんの不安や疑問を少しでも解消し、クルマと上手に付き合うための方法を「Q
&A」にま とめましたので、これからの楽しいカーライフにお役立て下さい。



Q1 なぜ定期点検整備が必要なんですか?

道路運送車両法によりクルマの使用者に義務付けられているのはもちろんですが
定期点検整備は、クルマの故障を未然に防ぎ、クルマの性能維持を図るために行う
予防整備のこと で、いわばクルマの「人間ドック」のようなものです。定期点検を行う
ことはクルマの健康を維持 し、寿命を延ばす秘訣になります。


Q2 車検と定期点検整備の違いはなんですか?

車検は(正しくは継続検査と言います)、一定期間ごとに国が行う検査で、あくまでもそ
の時点でのクルマの安全面や公害面が基準に 適合しているかどうかを、検査機(テス
ター)や目視等によって検査するものです。 よって、次回の車検までの安全性を保証さ
れるものではありません。

定期点検整備は、クルマの健康状態を定期的にチェックし、必要に応じて整備を行う
ことです。 クルマのトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、点検の
結果、不具合箇所を整備します。その際、部品の摩耗などにより近々不具合になる恐
れがある箇所についても、 故障が発生する前に整備をして、 一定期間の安全性等を
担保するためのものです。

トラブルのない快適なカーライフを楽しむためには、定期点検をきちんと受けて、安全性
を確認し、 悪い箇所は整備しておくことが大切なのです。


Q3 整備事業場で行う車検とユーザー車検や代行車検との違いはなんですか?

ユーザー車検とは、自動車使用者が自らが国の車検場にクルマを持ち込み、車検を受
けるもので、整備はクルマの使用者自身か、 整備事業場に出して行うこととなります。

代行車検とは、皆さんに代わって、所謂車検代行業者が車検を受けるというものです。
通常は整備等行わないので、安全性が確保できるかはわかりません。  

整備事業場では、定期点検および点検の結果、必要となった整備を実施し、安全面、公
害防止面を十分に確認したうえで 車検を受けるという違いがあります。
ユーザーにクルマの「保守管理責任」があるという観点からも、きちんと点検・整備を実施
してから車検を受けることが 望ましいといえます。 

なお、整備事業場では、定期点検を実施したクルマには、整備保証をしておりますので、
引き続き安心して車を使用できます。


Q4 定期点検整備とは、どういうところを点検・整備するのですか?

定期点検整備は、故障を未然に防ぐための予防整備、また、ドライバーの安全維持と公害
防止のために行うという、大変重要なものです。
自家用乗用車の2年点検の代表的な点検項目は次のとおりですが、整備事業場では、プ
ロと しての知識と技術を生かしてきびしくチェックし、必要に応じて整備を行います。

かじ取り装置

(ハンドル周り)

ハンドル

操作具合

ギヤ・ボックス

取付の緩み *

ロッド及びアーム類

緩み、がた及び損傷 *

ボール・ジョイントのダスト・ブーツの亀裂及び損傷

かじ取り車輪

ホイール・アライメント *

パワー・ステアリング装置

ベルトの緩み及び損傷

油漏れ及び油量

取付の緩み *

制動装置
(ブレーキ関係)

ブレーキ・ペダル

遊び及び踏み込んだときの床板とのすき間

ブレーキの効き具合

駐車ブレーキ機構

引きしろ

ブレーキの効き具合

ホース及びパイプ

漏れ、損傷及び取付状態

マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ

液漏れ

機能、摩耗及び損傷

ブレーキ・ドラム及びブレーキ・シュー

ドラムとライニングとのすき間 *

シューの摺動部分及びライニングの摩耗 *

ドラムの摩耗及び損傷

ブレーキ・ディスク及びパッド

ディスクとパッドとのすき間 *

パッドの摩耗 *

ディスクの摩耗及び損傷

走行装置

(タイヤ周り)

ホイール

タイヤの状態 *

ホイール・ナット及びホイール・ボルトの緩み *

フロント・ホイール・ベアリングのがた *

リヤ・ホイール・ベアリングのがた *

緩衝装置

(ばね等)

取付部及び連結部

緩み、がた及び損傷

ショック・アブソーバ

油漏れ及び損傷

動力伝達装置

クラッチ

ペダルの遊び及び切れたときの床板とのすき間

トランスミッション及びトランスファ

油漏れ及び油量 *

プロペラ・シャフト及びドライブ・シャフト

連結部の緩み *

自在継手部のダスト・ブーツの亀裂及び損傷

デファレンシャル

油漏れ及び油量 *

電気装置

点火装置

点火プラグの状態 *

点火時期

ディストリビュータのキャップの状態

バッテリ

ターミナル部の接続状態

電気配線

接続部の緩み及び損傷

原動機

(エンジン回り)

本体

排気の状態

エア・クリーナ・エレメントの状態 *

潤滑装置

油漏れ

燃料装置

燃料漏れ

冷却装置

ファンベルトの緩み及び損傷

水漏れ

ばい煙、悪臭のあるガス
有害なガス等の発散防止装置

ブローバイ・ガス還元装置

メターリング・バルブの状態

配管の損傷

燃料蒸発ガス排出抑止装置

配管等の損傷

チャコール・キャニスタの詰まり及び損傷

チェック・バルブの機能

一酸化炭素等発散防止装置

触媒反応方式等排出ガス減少装置の取付けの緩み及び損傷

二次空気供給装置の機能

排気ガス再循環装置の機能

減速時排気ガス減少装置の機能

配管の損傷及び取付状態

エグゾースト・パイプ及びマフラ

取付けの緩み及び損傷 *

マフラの機能

車枠及び車体(シャシ)

緩み及び損傷

※は走行距離によっては省略可能な項目です。


Q5 車検整備代金って高くないですか?

車検の時に皆さんが整備工場に支払っているお金の7割位が税金や保険代だってご存知
でしたか。まとめて整備工場に支払うので『高い』って感じるのではないでしょうか。 全国で
行っている整備料金の調査結果では、整備費用は2年車検のクルマで、月額約 2,000円
位です。たとえばスマホは、持っているだけで5,000円以上かかる場合がありますよね。
バスの定期券を買えば市内料金でも7,000〜8,000円位ではないでしょうか。 どこにでも
自由に行け自分の好きなときに利用できる自動車が、と思えば決して高くはないと思います
がいかがでしょうか。


Q6 車検を受ける際の、総費用はどれくらいかかるのですか?

車検の際の総費用は、クルマの点検・整備に必要な技術料と部品代などの点検・整備料金
と 自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料などの税金等諸費用の二つに大別されてい
ます。 あらかじめ見積もりを掲示してもらい、整備事業場との合意のうえで車検作業を依頼
しましょう。 車検時には点検・整備料金と税金等の諸費用が必要です。 また、このほかに
車検代行手数料や消費税等が必要です。税金等諸費用は、事前に支払いをお願いします

点検整備料金

点検技術料

定期点検が義務付けられている項目の点検を行う技術料金

整備技術料

点検の結果、整備が必要な個所の整備を行う技術料金

お客様のご用命により行う整備の技術料金

部品・油脂代金

使用部品、エンジンオイルなどの代金

   

点検のためのエンジン、下回りなどの洗浄料金など

錆止めなどのために行う防錆塗装代金

〜2トンの自家用乗用車の例(エコカー減税、及び年数による加重無)

税金などの諸費用

自動車重量税

車検時に国に納める税金

32,800円

自賠責保険料

自動車使用者に加入が義務付けられている強制保険料

25,830円(24か月)

検査手数料

検査を受け、自動車検査証の交付を受けるための手数料

  1,400円

         

60,030円

 ※自動車税の納付時期や任意保険更新時期に重なるとその分も必要になります。