トラブルシュート事例 21

ステップワゴン/車輌型式:RF4 走行距離など H13年6月 64,000km

オートA/Cのブロアモーターが動かなくなった。

「なるべく安く」というお客様からの要望で中古のブロアパワートランジスタを使用した。

始めにオートA/Cコントローラーの自己診断機能を使用して故障原因の絞り込みをしたところ

コード12を出力し(ブロアモーター系統の断線等)と表示された。

Hiリレーの無い車両なのでモーターのアース側をグランドしたところ、モーターは勢い良く回るので、モーター単体やモーターリレー、ヒューズ、+側配線は問題無しとした。

オートA/Cのモーターはレジスターを使用せず、パワートランジスタで動かしているので、パワトラの駆動側回路の配線を車両カプラーから引き抜き、自作した配線を差し込んで、パワープローブで強制駆動できる回路にした。I/G ON状態でパワトラ駆動側にバッテリー電圧をかけてみたがモーターが回らないのでパワートランジスタ故障と判定することができた。